#6 女性に嬉しい栄養成分たっぷりの注目食材「ソイミート」

CSS




ヨガをする・しないに関わらず、“食事”に気を使う方が増えてきました。
それも、ヘルシーで消化がよいものということで、小麦・大麦・ライ麦などの摂取を控えるグルテンフリーや 動物性食品を一切食べない完全菜食主義(ビーガン)の食事に話題が集まっています。

なかでもその両方に対応する“ソイミート”は注目の食材で、食感がお肉のようで味も美味しいことから、 「ハマっている」という声をよく耳にします。

では、ソイミートとはどのような食材なのでしょうか?
自宅で簡単に作れるソイミートレシピとあわせてお話ししていきたいと思います。




ソイミートの原料は大豆。大豆から油分を搾油して加熱加圧・高温乾燥させた加工食品で、健康食品売り場やネット通販などで購入できます。

特徴としては皮膚や髪、爪、内臓、骨、筋肉の材料となるたんぱく質が豊富で、コレステロールはゼロ。
食物繊維も豊富で、カロリーはお肉と比べて約1/2~1/4程度です。
体内で女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンも取れるので、美容・健康を気にする女性の味方となる食材だと言えるでしょう。

次は、そのソイミートを使った簡単な料理を紹介します。




ソイミートには、ブロックタイプやミンチタイプなどがあり、お肉の代用品として油淋鶏・炒め物にしたりハンバーグのたねに使ったりすることで美味しく食べられます。

ここで紹介する唐揚はソイミートを使った代表的な料理。15分ほどで簡単に調理できますよ。

【材料】2人分
・ソイミート(ブロックタイプ)・・・100g
・(a)すりおろし生姜・・・小さじ1
・(a)すりおろしニンニク・・・小さじ1
・(a)しょうゆ・・・大さじ1
・(a)塩こしょう・・・少々
・片栗粉・・・大さじ1~2
・揚げ物用の油・・・大さじ5

【作り方】
①.沸騰した湯にソイミートを入れ4~5分茹でたら水気を切る。
※ソイミートは湯戻しすると膨らみます。

②.ビニール袋に(a)とソイミートを入れて揉む。

③.②に片栗粉を加えて馴染ませたら、小さめのフライパンに油をひいて揚げ焼きする。



唐揚げと言っても大豆の唐揚げなのでヘルシー。少量の油で揚げ焼きをするところもポイントです。

「お肉は好きだけどカロリーが気になる」というみなさん、ぜひ作ってみてくださいね。



【writer】 Saori Takagi
美容ライター,ヨガインストラクター,
ビューティーフードアドバイザーとして活躍

↓ 最新情報やお得な情報はこちらからチェック ↓


条件にマッチする商品はありません。