「移動中快適に過ごす」ためのファッション&持ち物とは

CSS







年末年始は実家に帰省したり、旅行に出かけたりと長距離・長時間の移動をした方も多いのでは?
移動中は、ただ座っているだけでも体がだるくなり疲れてしまいますよね。
目的地に着いたそばからグッタリ……なんてこともあるでしょう。

すでに移動疲れを経験した方も、これから遠出をする方も、移動中~移動後に快適に過ごす方法があったら知りたいと思いますよね。

そこで今回は、『GLAZ respirer』アンバサダーでヨガインストラクター、そしてこれまでにも海外出張を多数経験されてきた生出さやかさんに「移動中に快適に過ごすコツ」を教えてもらってきました。





高木:今日、初めて生出さんとお会いして姿勢の美しさに惚れ惚れしてしまいました。ヨガの効果でしょうか?

生出:ヨガは趣味で10年くらい続けていて、それが高じてインストラクターになりました。指導歴は3年ほどです。
今は都内のスタジオでレッスンをしたり、企業ヨガを担当させてもらっています。
その前は、小さい頃からクラシックバレエやダンスもしていました。

高木:なるほど、だからスッと美しい姿勢が体にしみついているんですね。
生出さんは、インストラクター以外にもお仕事をされているんですよね?

生出:はい、IT会社でソフトウエアの導入のサポートをする仕事もしています。
パソコン作業が多いので体を動かしたいと思ったのと、ダンスのための体のメンテナンスや基礎トレーニングとしての目的も兼ねてヨガにハマっていきました。


トリアセストレッチ 変形ノースリーブ yr-71014 ¥15,000+tax

ライン柄 レギンス yr-72801 ¥9,800+tax

高木:海外出張も多いとうかがいました。

生出:そうですね、2か月に1回ほど出張があります。
アジア方面が多いんですが、シンガポールなどは7時間くらい飛行機に乗っているので、快適に過ごすことを意識しています。




高木:長時間の移動って体が疲れますよね。それも服装で疲れ具合が変わってくる気がします。
生出さんはどのような服装で過ごしているんですか?

生出:なるべく楽な服装をするようにしています。
ヨガウェアで搭乗することも多いですよ。レギンスにパーカー、スニーカーという感じで。
あと、足元は意外と冷えるので、レッグウォーマーを履いたりもします。

高木:すぐにでもヨガができそうですね!
ちなみに締め付け感とかはどうですか?
同じ姿勢で過ごすことや気圧の関係もあるのか、衣類の締め付けで血流が悪くなりそうな気がします。

生出:インナーはワイヤーが入っていると痛かったり苦しかったりするので、ノンワイヤーのものを着けますね。
レギンスは締め付けが強くないものを選びます。
その点からも『GLAZ respirer』のレギンスは本当に気に入っていて、よく履いているんです。


高木:どんなところがお気に入りのポイントですか?

生出:ぴったりフィットするのにきつくないんです。
柔らかくて伸縮性があり、脱ぎ着しやすいのが嬉しい!
きついレギンスだと脱ぐときに足首で引っかかったり裏返ったりしますが、それがありません。
実際のレッスンで着ていると、生徒さんから「どこのウェアですか?」と聞かれることも多く、特別なウェアという感じがしています。

高木:今着てもらっているトップスもヨガウェアなんですよ。
ヨガはもちろん、もうこのままお仕事に向かえますよね。
ジャケットは伸縮性があって腕まわりが動かしやすいようにデザインされています。



ディンブルストレッチ JKT yr-62013 ¥22,000+tax

生出:確かに機内で着ていても疲れにくそうですね。このジャケット、とても気に入りました。

高木:よくお似合いです!本日はありがとうございました。



最後は、生出さんが移動時に持ち歩くという必需品を紹介していきたいと思います。



移動中のファッションから持ち物まで、参考になることばかりでしたね。
これから遠出をする方はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


↓生出さやかさん 着用アイテム↓


ディンブルストレッチジャケット yr-62013
¥22.000+tax


トリアセストレッチ 変形ノースリーブ
yr-71014 ¥15.000+tax


ライン柄 レギンス yr-72801
¥9,800+tax




Sayaka Oide
IT関係業務、
ヨガインストラクターのフリーランサーとして活躍


Saori Takagi
美容ライター,ヨガインストラクター,
ビューティーフードアドバイザーとして活躍

↓ 最新情報やお得な情報はこちらからチェック ↓